太陽光発電に失敗しないために

太陽光発電に失敗しないために、まず自分の住んでいるところに十分日が当たるのかを考えます。
ビルの陰になっている時間が長い、大木があって日光を遮っている、北向きであまり日が当たらない、冬は曇りの日が多く、梅雨は長雨が続くなど立地条件を考えて太陽光が当たらなければ太陽光発電が十分できません。
次に考えるのは、家の耐久年数です。
太陽光発電の設備を入れるときにリフォームをするのがいいのですが、それだけの費用の余裕がなく、設備を入れて数年後にリフォームをするという事態になったときに、屋根からやり直しが生じる、家の耐久年数が来て大規模修繕になった場合、太陽光発電の設備が邪魔になることがあります。
将来のことを見据えてから設備は導入すべきです。
業者の信用についても大切です。
もし業者が倒産したらいったい誰が修理をするのか、特に業者の工事の瑕疵が数年後に発覚する場合があります。
そのときに責任をとるはずの業者が倒産していたら自費で高額の修理を他の業者に頼むことになります。
そんなリスクもあるわけです。

This entry was posted in 得する太陽光発電.

Comments are closed.