電気について考えるようになり、節約になることに喜びを感じます。

  • 太陽光発電にして良かったことといえば、
    電気のことについてよく考えるようになり、
    月々の電気代がかなり安上がりになったことです。
    導入前は電気は電力会社から届くのが当たり前、
    そして使った分を支払えば良いという、そんな認識でした。
    電力会社から買う以外に考えたこともなかったですし、
    太陽光発電自体は知っていたものの、
    特別な施設のためのものという認識だったのです。
    ある時、野菜を家庭で作るように電気も家庭で作ることができると知り、
    ソーラー電卓の大型化したようなものなのかという興味が沸き、
    ついには太陽光発電の導入となりました。
    家庭で電気を作ることなどそんな近未来なことは信じられないと思っていたのが、
    今こうして昼間家庭で作っていると、なぜか楽しくなってきます。
    我が家では野菜を家庭で作っていない代わりに、電気を作っているということで、
    野菜を家庭で作っている人から野菜をいただくこともあり、
    その人に電気をあげることができないのが悔しいと思うこともあります。
    モニターを見ると使用電力などがリアルタイムで分かり、
    どれだけ今使っているか思い知らされます。
    モニターからの情報によって、売電もしていきたいから節電に努めようと考え、
    電気のことをより大切にしたくなる気持ちが芽生えてきました。
    アパートで一人暮らししていた頃から1円でも電気代を節約したく、
    換気扇やテレビのコンセントまで抜いていたものでしたが、
    今でも電気代がもったいないという気持ちは変わりません。
    今では電気代の他に環境のことも考えるようになりました。
    それでも一番の関心は電気代のことであり、
    太陽光発電にすることによる電気代の節約は計り知れないものと思います。
    現在の段階では初期費用にかなり支払ったので、
    月々の電気代が安くなったとはいえ、まだ元は取れておりません。
    元を取るのに10年はかかりそうなので、気長に構えると共に、
    元を取れるようになることが新たな目標となりました。
    とにかく電気代の節約になって良かったです。

  • This entry was posted in 太陽光発電のメリット.

    Comments are closed.