導入して良かったこと

太陽光発電にして良かったことはいくつかあります。
一つは、自然を大事にするようになったことで、自然に抵抗するような人工の物を勝手に作らないようになってきていることです。
特に、人工スキー場の見直しが良い例です。
電気代がかかるだけでなく、そこまでやることのメリットがあまり感じられないということです。
そのために、今はあまり、人工スキー場が増えていません。
それは将来の自然エネルギーに対する大きな考えかたの一つと言えます。
二つ目は、家庭でも太陽光発電によって携帯の充電や、暖房費などを節約することにつながるからです。
機械任せの発想から転化して太陽光という大自然を生かした自然のシステムを考え出したのは大変素晴らしいことだと思います。
太陽光があれば、昼間は寒い冬でも何とか室内でも暖房なしで快適に過ごせるからです。
人間は楽をして良い体は作れません。
頑丈な体にするためには、いろんな風とか、雨などに負けない強い体にする必要があると思います。
三つ目は、太陽光発電のお陰で、多くの労働者のために室内では蛍光灯などの電気に頼らずに電気がなくても太陽光で、パソコンなどの事務が出来るようになったからです。
このように、太陽光発電にして良かったことは、すごく経済的であること、物をたくさん作らなくても自然にあるものを活用すれば生活が快適になれることだと思います。
これからも暮らしを良くするためにも、太陽光発電のメリットを大いに生かしてPCの快適な生活を実現したいと思います。

This entry was posted in 太陽光発電のメリット.

Comments are closed.