補助金を使って奈良で太陽光発電を設置しよう

いま自然エネルギーに注目が集まっています。
昨年の原発事故から、もっとクリーンエネルギーにシフトしようという動きから、補助金を使って太陽光発電のソーラーパネルを設置しようという方が増えています。
補助金の申請が開始された直後は、最寄りの申請できる市役所も混んでいました。
奈良で太陽光発電を始めるとしたら、補助金を最大限に活用して、ソーラーパネルを設置したいと思っています。
設置する太陽光発電が標準の3.5kWで、1kWあたり30,000円の場合、105,000円の国からの補助金がでます。
さらに、奈良県の補助金が今年度の場合100,000円で、奈良市からは50,000円の補助金が出ます。
合計すると、255,000円の補助金がでるわけです。
どうせ太陽光発電を始めるのなら、補助金の制度を賢く利用して、より早く元が取れるようにした方が賢明です。
太陽光発電が普及するように、こんなお得な補助金の制度があるのですから、使わないでおくのはもったいないです。
これから、電気料金は、上がることはあっても下がることはなさそうですから、今のうちに太陽光発電を始めていたほうが、いろいろ有利なことが多いと思います。
もっとも、ソーラーパネルを設置するには、丈夫な屋根であることが大切なので、まず信頼できる業者に、ソーラーパネルを設置しても大丈夫かどうかチェックしてもらうことが大切です。
屋根の補強などが必要な場合もありますから、太陽光発電を始める時は、専門家の意見も聞くべきだと思います。

This entry was posted in 太陽光発電のメリット.

Comments are closed.