賃貸アパート物件に太陽光発電システム付けちゃいます

私の家は大家をしています。
小さいアパートで5軒ほどが一つ屋根の下に入居している形です。
丁度日当たりもよく、屋根も広いので、この機会に持っているアパートに、
太陽光発電システムをとりつけてみてはどうか、ということになりました。
幸い、私たちの住まいも同じアパートの中にあるために、
国の補助金申請対象として、みなされるので、このようなありがたい、
制度はどんどん利用して、大量工発電を利用し、少しでも電力節約と、
自分を含め、アパートの入居者にも節電やエコを意識してもらえたら、と思い、
太陽光発電システム導入に踏み切りました。
幸いアパートの屋根というのは、一般家庭の屋根よりも、広いので、
ちょっと多めのパネルが取り付けられます。
初期投資はちょっとかかりますが、長い目でみたら、余剰電力を売って、
家賃とは別に収入がありえるかもしれませんし、
昼間の時間帯というのは、アパートの住人はほぼ全員留守なので、
その時間に太陽光を沢山、蓄電しておく事ができます。
これは、もしかすると、アパートの空き室などの、
電気代に当てられるかもしれない、と、踏んだわけです。
太陽光発電システムは10年間の保障付で、
メインテナンスなどもしに来てくれます。
また、万が一、停電などがあった場合は、自立運転に切り替えると、
災害時でもテレビくらいは見られる電力があるので、
アパート住人で協力すれば、かなりの電力消費を防げていいかな、と
思った次第です。
まだまだどうなるか具体的にはわかりませんが、
少しでもエコの意識や、ご近所全体で太陽光発電システムを考えて、
電気を大切に使いたい、と思う今日この頃です。

This entry was posted in 太陽光発電のメリット.

Comments are closed.