既存住宅に太陽光発電を設置する際は注意が必要。

昨今、自然エネルギーに注目が集まり、世の中がエコに意識が向いています。
これはすごく良い事で、もっともっと広がっていく事を望みます。
個人で出来る事もたくさんあります。
ちょっとした心がけでも大勢の人が取り組めば大きな成果として表れるてきます。
そんな各家庭で取り組めるエコとして太陽光発電の設置があります。
太陽光発電は日光という環境に害のない一番良い自然エネルギです。
各住宅メーカーも現在はほとんどのところがオプションとして設置可能な商品を用意しています。
新築の場合ならば太陽光パネルを設置する事を前提としているので重さも屋根材も考慮されていますが、既存住宅に設置するには注意が必要です。
既存住宅に設置する際は失敗しない為にも、業者以外の建築士さんなどに相談し検討してもらう事を勧めます。
太陽光パネルの販売業者は販売数を増やしたければ問題ないと答える可能性もあるからです。
設置後に屋根がたわんだり、雨漏りをしてしまうようではマイナスになってしまいます。
屋根の構造、耐力には前もって十分注意が必要です。

Posted in 各地で太陽光発電