北海道の太陽光発電、意外と良いのです。

北海道で太陽光発電をしています。
この話をしますと、冬の雪を誰もが心配するのです。
屋根の雪は、どうするのか?と言うことです。
北海道の住宅、その多くは冬になると屋根に雪が積もっていることが当たり前なのです。
そんな雪が積もっているのに、太陽光発電が出来る訳がないと誰もが言うのです。
ですが私が住んでいる街、それは伊達市です。
この伊達市は、温暖な気候で冬でも暖かいのです。
そのため東京などからの移住者も多い街なのです。
雪が少ないため、太陽光発電には本当に向いている街なのです。
特に北海道は冬の日射しが少なくことが欠点と言われるところです。
しかし、この北海道の太平洋岸は冬になると日射しが一杯になるのです。
ですから太陽光発電に向いている街といえるのがこの伊達市でもあるのです。
そんな伊達市に住む私は、躊躇なく太陽光発電に向いている街と思い設備投資をしたのでした。
以外と日射量の多い北海道です。
これから北海道でも太陽光発電住宅が増えると思われるのです。

This entry was posted in 各地で太陽光発電.

Comments are closed.